« 息子の善意による不安 | トップページ | 衝撃のサンタ否定!? »

息子の善意。そして結果。

昨日、大量の善意の塊をもって、楽しげに学校に向かった息子。

(是非、昨日の「息子の善意による不安」をお読みになってね♪)

私は息子の帰宅まで、実に落ち着かない時間を過ごしました。



大丈夫かな…

みんな、どんな反応したのかな…



99%の後ろ向きな想像と、1%の祈りで待つ私。



夕方、いつも通り、JOYと一緒にバス停まで迎えに行きました。

「ただいま~♪」

スペシャルゲストとともに、息子が明るく降りてきました。

スペシャルゲストとは彼↓
Img_15802
ガラ悪いです、彼。 ( ̄∇ ̄;)

学校からずっと首にぶら下げてたそうで…(汗)

「強そうでしょ!ドラジスタードラゴンって言うんだ~」

「へ~。強そう…かな?」 (滝汗)



話題はドラジスタードラゴン(以下:ドラドラ)のことで持ちきり。

折り紙のことなど、完全に忘れてるみたい。



様子も変わりがなさそうなので、思い切って聞いてみました。



「ねぇ、折り紙どうだったの?渡せたの?」

「うん!みんな、ちょうだいちょうだい!!って大騒ぎだったよ。

残った分も、取り合いになっちゃってさ~。大変だったよ。」

と明るく話す息子。

胸がキューンとしました。



この話、本当のことじゃないな。



ナゼそう思ったのか、説明はできないんですけど、

母の勘、女の勘ってものでしょうか。

なんとなく、そう思ったの。



夕食のとき、もう一度さりげなく息子に聞いてみました。

「ねぇ、息子。なんと言って折り紙渡したの?」

「なんてって?」

「どういう説明したのかな~?と思ってさ」

「あー、そういうことか。」



そして息子、ボソっと言いました。

「先生に渡したの。『ぼく、みんなのために一生懸命作りました』

って言ったら、先生が、そこに置いといて、って言ったんだ」



「そう。でどうしたの?」

「その後、普通に国語が始まったんだけど。」

「ふーん、そう。」



「・・・ぼく、ちょっと寂しかった。」



また、胸が締め付けられました。

きっと勇気だして、期待を込めて、先生に言ったんだろうな。



そして、息子は、夕食の途中で

私の膝の上にのってきました。

そのまま30分以上抱っこ。



泣いたり、話したりもせず、静かに抱っこしたままの息子。

私は、息子の背中をぽん、ぽんってたたきながら、

真剣に祈りました。

息子の優しい気持ちを守ってください、と。



折り紙の詳細はわからなかったけど、息子はとっても

傷ついていたようです。



人生、これから先も、いっぱい傷つくことがありますよね。

息子には、一つ一つをゆっくりとでもいいから乗り越えて、

自分の中でちゃんと消化して、

優しいだけじゃない、強い心を持った人間に育っていって欲しいと、

そう思っています。

母ができることって、やっぱただ見守るってことなんだろうな~。



そうそう、忘れちゃいけないわね。JOY。



JOYは、本当に人の気持ちがわかるいい子です。

今回も、抱っこされてる息子の足をぺろぺろって舐めて

慰めて、そして、足元にぴたーってくっついてました。

JOYも慰めてくれて、ありがとうね♪



しかし…



母業、つらいっす!!



あ。

海苔巻き。

Img_15482

ププッ ( ̄m ̄*)

JOY、癒しをありがとう…♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑「実はママが半泣きだったよ~」な私に、喝ーっ!と言いつつ、
優しく応援してね♪


昨日の皆様の息子への応援、優しいお言葉、

本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

もう少し時間がたったら、息子にもコメントを読んで

聞かせてあげようと思います。

きっと喜ぶわ♪



あ、ドラドラは、またの機会に登場してもらうかもしれません…

Img_15813
「なんやて~!!主役ちゃうんか、こら!」

|

« 息子の善意による不安 | トップページ | 衝撃のサンタ否定!? »

息子の日常」カテゴリの記事

コメント

ありえない・・・
その先生・・・
ありえない・・・
そこ置いといてって・・・
子供の純粋な気持ちを・・・
考えられない(怒)
あかん・・・
泣きそうだぁ(涙)
私このてのこと弱いんだよなぁ・・・グスン

投稿: ほくママ | 2007年12月20日 (木) 11時30分

う、、、(>_<)
く、悔しいよ・・・(>_<)
「置いといて」って。。。(T_T)
もっと、こう・・言い方ってもんがあんでしょ~?
夕食の途中で膝に・・・から
目頭が熱くなっちゃって・・・読めないよ(>_<)
JOYちゃんの優しさに感謝です(^o^;
辛いっすね、母業。。。。分かるますよ。。。
ただ抱きしめることしかできなくて(>_<)

ドラドラ、次回に期待してるよ(^^;)

投稿: mocchi | 2007年12月20日 (木) 13時09分

ほくままさん、こんばんは♪

私も、まさか先生にまで撃沈させられるとは
思ってなかったので、かなり衝撃でした。
タイミングが悪かったんだろうけどね。
子供にはわかんないよね…。

怒ってくれて、泣きそうになってくれてありがとう。
ほくままさん、いい人だ~。(涙)

投稿: appie | 2007年12月20日 (木) 19時22分

mocchiさん、こんばんは♪
そう、言い方あるよね。特に先生なんだから。
息子の言うタイミングが悪かったんだと思うけど、
息子にとっては、友達に言われるよりショックだったのかもしれないなぁ、と。

母業、お互い頑張ろうね。
抱きしめることが、大事なんだもんね。

泣いてくれてありがとう。
mocchiさん、いい人だ~(涙)

投稿: appie | 2007年12月20日 (木) 19時25分

えっ、先生、それはないよ・・・。

おじいちゃまの優しさが息子さんに伝わって、それをまた息子さんが誰かに伝えて・・・って続いていったらとても素敵だな、って思っていたのに・・・。

息子さん、せいいっぱいがんばって、明るい表情でバスから降りたんでしょうね。
息子さんがどんな気持ちで学校で一日を過ごし、どんな思いで笑顔を作ってバスから降りたのか考えたら、胸が苦しくなりました。
appieさん、やっぱり、さすがお母さんですね。
ちゃんと気付くんですもの。
それと、JOYちゃんも、ほんとに優しい☆
強くて優しい家族に囲まれて、息子さん、どうかこれからもますます素敵に育ってね(^_^)

投稿: みほみほ | 2007年12月20日 (木) 20時19分

涙がでてきましたよぉ・・
本当に人の事悪く言えるよな人間じゃないけど
その先生・・・失格!
親も子供のいいところ伸ばす役目たくさんあると思うけど先生も少しはあるんじゃないの??
 マジ胸がきゅーんと・・・
ママさん
黙って抱っこしてトントンは多分息子さんに
ちゃんとママの愛情伝わってますよっ!
ママは強い見方だって!
 がんばれっ~ママも息子さんも!
  ぽちっと

投稿: ダブルママ | 2007年12月20日 (木) 23時24分

えっ・・・なんじゃそりゃ。
終わりの会とかで渡してくれなかったのかなぁ。

先生の理由もあったのかもしれないけれど、
ましてや、まだ一年生。
もうちょっと考えて欲しかったな。
ほんま、私も泣けるよ。。。

しかし、ちゃんとわかったappieさんはすごいと思います。
私だったらそのまま鵜呑みにしてよかったね~で終わってるとおもうし・・・。

息子君、気にするなよ~!!

ほんま、懇談とかあったら「ご迷惑かけてすみません。でーもー!!~」って私だったら言ってそうだな。下手に出つつ。

投稿: じゅんぴー | 2007年12月21日 (金) 06時52分

(´-ω-`)ウーン
難しいですよね。
つらい結果に終わると分かる時、未然に防ぎたいと思う気持ちと、将来どんなことにも打ち勝てるように母として見守ってやれるうちにいろんな経験をさせたいという気持ち。

うちも小さいうちは見て見ぬふりをしていましたが、中学年になって問題が複雑化してきた今、口頭で納得させちゃうこともあるかも・・・

案外あっさり納得しちゃうので、子供のうちからドライな人間になっちゃったりしないかしら・・・なんて心配もしていますが、ふとした時に小さな頃と変わらないピュアな発想も感じられるので、やっぱり持って生まれた性質って誰かに矯正させられるものじゃないんだわと安心することもあったり・・・

母は強しといいますが、子育ては強くいないとやってられないことばかりですよね・・・
お気持ちお察しします(´・ω・`)

投稿: おねえ | 2007年12月21日 (金) 10時41分

息子さんがんばったね。
きっと、勇気を出して、みんなに配ってもらえる
ことを思って、先生に渡したんだよね。
そんな、息子さんの気持ちを思うと本当に胸が熱くなります。そして、同時に先生に対して、もっとちゃんとした対応があったのではないかって思うと怒りが・・。だって、大人でしょ。しかも、子供の心理とかちゃんと勉強して来ている人なのに・・・・。

甘えられるところって大事ですね。
ずっと母の膝の上で、今日の出来事を息子さんなりに受け止め消化していたんですね。
ある本に、「母は司令塔ではなく、港であれ」っと
書いてありました。
結果が出る前に指示するのではなく、結果が出たとき
たとえその結果が辛いことでも、ちゃんと受け止めてあげる。今回のブログを読んで、appieさんは港だっと思いました。

投稿: パワフルママ | 2007年12月21日 (金) 17時07分

もおぉ なんて先生なんでしょお!!
ひどいです~~っ

息子くんはえらいっ
よく一日がんばったよね。
もう 泣けちゃう・・・・
appieさんも お気持ちお察しします


投稿: サクラ | 2007年12月22日 (土) 07時47分

みほみほさん、こんにちは♪
お返事遅くなってごめんなさい。

息子、今回は本当に頑張ったと思います。
色んな感情を、自分の中でなんとか整理しようと
してたんだなぁと思うと、6歳の子供の奥の深さに
驚かされます。

それにしても、私も気付けてよかった~。
あれをそのままにしていたら…と思うと、
正直怖いですぅ。

しみじみ、私は息子とJOYに育てられてます。

投稿: appie | 2007年12月22日 (土) 09時48分

ダブルママさん、こんにちは♪

息子の渡すタイミングが悪かったんだろうとは
思うんですけど、普段とてもいい先生なだけに
私自身もショックでした。

息子に愛情伝わってて欲しいです。
世の中、いっぱい伝えないといけないことが
あるけど、私の中で一番伝えたいことといったら、
やっぱり、
「あなたは、ものすごーく愛されている大切な存在なんだ」
ってことかな~と思ってて。

ちなみに、JOYにも一番伝えたいことはこれで、
毎晩寝る前にJOYに言い聞かせてます(笑)

投稿: appie | 2007年12月22日 (土) 09時52分

じゅんぴーさん、こんにちは♪
折り紙のその後は、私も聞けなかったんですよ。
その手前で、もう胸がいっぱいで…。

今回、早い段階で気付けて本当によかったです。
でも、こういう場面にあったら、じゆんぴーさんも
絶対ピーンってくると思います。

そうそう、年明けそうそう、個人面談があります。
その時には、絶対先生に聞いてやる~(笑)

投稿: appie | 2007年12月22日 (土) 10時07分

おねえさん、こんにちは♪
やっぱり年齢が上に行くほど、問題も複雑になりますよね。
1年生でこれだけ大変なのに、高学年になったら、どーなっちゃうんだ、と今から不安です。
未然に防ぐ必要があるものも、いっぱいあるでしょうね。
でも、何歳になっても、今もってるピュアな心は失くさないでほしいな~。

投稿: appie | 2007年12月22日 (土) 12時29分

パワフルママさん、こんにちは♪

「母は司令塔ではなく、港であれ」ってすごく素敵な言葉ですね。
振り返ってみると、ほとんど司令塔の私(涙)
でも、息子が傷ついて帰ってきたときくらい、ちゃんと港でいたいなぁ、としみじみ思います。

ずっと抱っこしてあげれたらいいけど、男の子だし、大きくなってきたら、そうもいかないんだろうな。
その時のために、私ももっと強くなっておかないと…

投稿: appie | 2007年12月22日 (土) 12時36分

サクラさん、こんにちは♪

まさか、先生が!という驚きの展開でした。
多分、息子もダメージ大きかったと思います。
普段とっても優しくていい先生なので、
ものすごい予想外…という感じで。

サクラさんのところも、色んな問題が出てくる頃かしら?
お互い、母業頑張りましょうね♪

投稿: appie | 2007年12月22日 (土) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451387/9485566

この記事へのトラックバック一覧です: 息子の善意。そして結果。:

« 息子の善意による不安 | トップページ | 衝撃のサンタ否定!? »