« 快適主義者 | トップページ | 朝から疲労のワケ »

病院にて

昨日、JOYのワクチンを打ちに、動物病院へ行ったときのこと。

色々検査していただく中で、JOYの歯の話になりました。



JOYは、他のわんこに比べると、口(顎?)が小さいため、

歯石がたまりやすく、手術をしたほうがいいという話が出て。



その先生が、さらっと



「コーギーの寿命は、大体13~15歳ですから、これが最後ですね」



と…。






わかってることなんだけどね。






寿命とか、最後とか、

そんな単語聞いちゃうと、涙が勝手に出てくるわけですよ。






私がうるっ、ときたのを見て狼狽した先生は、

「あ、もちろん、死ぬまで元気で、手術できる子だっているんですよ」

とフォロー(?)して下さってたんだけど、



そんなことで涙が出てきたわけじゃないよ。



私の頭の中は、

JOYがわが子になってからのことが

怒涛のように思い出されて、

しかも、もっとJOYを大切にしてやればよかったって

後悔も鬼のように押し寄せてきて、



そういうことで心がいっぱいになって、

目が潤んでくるんです。



泣くのはこらえてましたけど。

一応、人前なので。






手術は、全身麻酔になるので、

わんこの身体には、相当負担がかかるの。



肝臓の弱っているJOYには、今の時点でも受けられるかどうか

もうちょっと検査しないとわからないんだけど、



もし、受けれることになったとしても、

麻酔の悪い影響が出ないとは言えないらしいです。



痴呆が急速に進んだり、ってことも考えられる、とか。






「よく、考えてくださいね」

と言われました。






永遠のお嬢って思ってるのに、

Img_45112



笑顔だって、こ~んなに可愛いのに、

Img_36392



第三者から聞く言葉は、やはり老犬に対するものなのよね。






当たり前か。






当たり前だよね。










でも、



JOYの最後への

カウントダウンが始まってるみたいで



すごく、

途方もなく、

悲しくなったりするんだよな。










命の重みが、大分理解できるようになった息子。



「JOYがずーっと生きてたらいいのに」

という言葉に、だんだん重みが出てきました。



ママも、そう思う。



そうだよね、息子。


ランキングに参加しています

Baneryorunokouenn3

←JOYがいつまでも健康で

Banermusukoijike

←ものすごく幸せでありますように。


いつもありがとうございます

|

« 快適主義者 | トップページ | 朝から疲労のワケ »

黒コギJOYの話」カテゴリの記事

コメント

ずーっと生きてたらいいのに…
叶わぬ願いだということは重々承知しているけれど、願わずにはいられないよね
でも、最後を看取ってあげられるのは幸せなことだよ
だって、自分が先に死んじゃってワンコが残されること程かわいそうなことはないもん

…わかっちゃいるけど、悲しいねぇ


投稿: あーちゃん | 2008年8月 1日 (金) 19時24分

うんうん
私が死ぬまで生きていたらいいのにと
思いマスヨッ・・・
みんな一緒なんでしょねっ・・きっと
もっと優しく思い切り遊んであげなきゃと
思うけど毎日の忙しさに・・・・・
反省の毎日です

歯石とるんですか?
私は頑張って歯磨きしようと思ってます
麻酔はなるべく避けたいと考えてますよっ

ぽちっと

投稿: ダブルママ | 2008年8月 1日 (金) 21時04分

なんか、切ない話です。
ワンコが、人より早く歳をとる…のは分かってるんですが、実際実感がありません。
華の前に居た「みぞれ」は、キャバリアで、12歳の年に亡くなったのですが、おじいちゃんになっても、可愛くていつの間にかうちで一番の長老になってたのも、信じられなくて…。
なんか、JOYちゃまだって、いつまでも息子ちゃんの姉なのに、現実を見せられるのは、本当にきついですね…決して逃げるわけではないけど、「聞きたくない!」気持ちもあり、知らず知らずに涙が出てきます。

ワンコは、どんな気持ちなのか?きけないから、私たちは、こうしてあげればよかった…とか、後悔したりするんだと思います。
でも、JOyちゃまの笑顔みたら、今は幸せで、今までだって幸せだったにちがいない!!
私も、今華に、私がしてあげれる一番だと思えることをしてやろう!!と思ってます。
きっと、何年かしたらまた後悔するかも…だけど、appieさん、今してあげれるサイコーをしてあげようよ!!

JOYちゃんは、ママが大好きだから、ママが笑ってるのが一番うれしいんじゃないかしら??うまく、言えないけどそう思います。

投稿: 華ママ | 2008年8月 1日 (金) 21時27分

なんだか、
悲しい現実なんですよね~
ずっと共に生きていきたいけど
叶わないことなんだな・・・って
だからこそ、笑顔で過ごしてあげることが
1番なんじゃないかな~っとも
一緒に歩いてあげることが幸せなのかな
うちもまだ老犬の自覚はないけれど
考えてあげなくちゃいけないんですね・・・

全身麻酔はやっぱり不安ですね
我が家は遠方でお願したことはないんですが
http://www.w-wolf.com/
こんなお店もあります
相談されてみたらいかがでしょう^^
1度お願したいと思っているんですよ~

投稿: みぃ | 2008年8月 1日 (金) 23時23分

そっか。
ツライ言葉を聞いちゃったね。

でもね、appieさん。
後悔なんてしなくてもいいよ!
JOYは、いつも幸せなんやって!
マミーや息子君、パパさんと毎日楽しく一緒に暮らせることがね♪
毎日が幸せなら、これ以上に幸せな事はナイよね!!!

この事は、ご家族や息子君とよく話し合って決めないとね!

いい方法があることを、私は祈ってるよ!!!

投稿: taiga | 2008年8月 1日 (金) 23時47分

うーん、わかるなあ。
appieちゃんの気持ち、痛いほどわかる。
うちも実家で飼ってた犬が17歳で亡くなったんだけど、だんだんいつか来る別れを意識していたな・・・。
考えたくないことなんだけどね・・・。

appieちゃん、元気だしてね!
JOYちゃんは家族だもんね、appieちゃんの気持ちわかるはず。
まずは元気だして。

投稿: びつきい | 2008年8月 1日 (金) 23時56分

昨日読んだのだけど「西の魔女が死んだ」は
死を前向きに受け止めることができます。
よかったら息子くんと読んでみてください。
2年生には難しいと思うから映画でもいいかも。
なんとなく、JOYちゃんと西の魔女が被ったのよ。

投稿: たかちん | 2008年8月 2日 (土) 05時55分

昨日、新聞でアニマルセラピーの記事を読みました。「心筋梗塞になった人の一年後の死亡率は、犬を飼ってる人の方が圧倒的に少なかった」という記事。それだけ犬には癒しの力が有るんだね。
そんな人に生きる力を与えてくれるワンコたち自信にも病気はやってくる。その時、私たち人間は何をしてあげれば?→!!「犬の十戒」にあったような・・・・
ほぼほったらかしのメロンの歯磨き頑張ろう!と思いました。気付かせてくれてありがとう。
ところで姫は何歳だっけ?

投稿: くーゆ〜 | 2008年8月 2日 (土) 07時31分

私も、後悔してばかりですdown
特にうちは、夫婦揃ってまめ子が初めてのワンコだったから、パピーの頃にしてあげた方がよかったこと、知識がなくて、本当に全然できてなかったdespair

appieさん、悲しまないで~weep
どれだけかかりっきりで、あらん限りのことをしていたとしても、きっと同じように後悔するんだと思います。。。

JOYちゃんは今、元気なんだもの☆
appieさんが笑っていないと、JOYちゃん心配しちゃいますよ!happy01

投稿: みほみほ | 2008年8月 2日 (土) 11時05分

どうしても避けて通れない
問題ですよね~
先生も周りの家族の
気持ちを良く考えて
話をしてくれればいいのに
もう少し配慮をして下さい~
appieさん元気出して ポチッ

投稿: 月子ママ | 2008年8月 2日 (土) 15時21分

ちょっと悲しいお話でしんみりしちゃいました。
家族が減るなんて事、判ってても考えたくなんて
有りませんよね(--;)
元気出してくださいね。

投稿: 親ばかパパ | 2008年8月 2日 (土) 18時21分

周りから見たら完璧に見えても、後悔しない飼い主なんていないんですよ。というより、そうやって悩む事が愛情だと思います。
私もアテナが病気や怪我をしたら「あのときのあれが。。」ってパピー時代のちょっとした事まで掘り起こしてくよくよするに違いありません。
特別じゃなくてもいい時間を重ねて行くのが一番!
そう思う毎日です。

ところで、カルピスのバター入手しました。
おいしかった〜。

投稿: アテナママ | 2008年8月 3日 (日) 08時56分

リンクを辿って遊びに来ました。
8歳ですよね、コピーも6歳ですが、考えた事がなかったなぁ~
言われたら考えちゃいますよね、
寿命は個々に違うと思うし、ここで親バカ炸裂で自分の子供に限って、20年だから!!
まだまだ、大丈夫!!
かわいそう・・とんでもない、寿命までまっとう出来るなら、幸せじゃないですか
ダメですよ、ポジティブに行きましょう!!

投稿: usakun | 2008年8月 3日 (日) 12時33分

loveletterあーちゃん、こんにちは♪

コメ読んで、はっとしちゃったよsweat01
本当だね。
看取って上げれるってことは、ものすごく幸せなことだよねheart02

やっぱり考えるときあるもんね。
旅行とか行って、もしこのまま家族全員事故にでもあったら、JOYはどうなっちゃうんだろうって…。

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時33分

loveletterダブルママさん、こんにちは♪

ダブルママさんでも、後悔とかすることあるんですか?
やっぱり、みんな同じかもね…confident

歯石ね、歯磨きじゃ取れないんですよ。
でも、今回ばかりは、麻酔も怖くてねぇdown
ホント悩みますweep

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時35分

loveletter華ママさん、こんにちは♪

やっぱり、聞きたくない、って気持ちになっちゃいますよね。
自然の摂理だし、ちゃんとわかってるつもりでも、自分の子だけは、いつまでも「子供」なのよね。

今できることをする
本当にそれにつきますね

私も、一緒にいれる喜びを、精一杯感じたいと思いますheart02

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時38分

loveletterみぃさん、こんにちは♪

私も一緒に居るときは、老犬なんて自覚があまりないの。
だから、第3者に言われたりすると、すごく驚くし、うろたえる…

ちゃんと、頭では理解してないとダメですねsweat01

貴重な情報ありがとうございますsign03
早速HP見てみました。
我が家からは割と近いので、相談に行ってみようと思います。

また報告しますね
ありがとうheart02


投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時42分

lovelettertaigaさん、こんにちは♪

また凹んじゃってさぁ
情けないでしょ~(涙)

でも、JOYの笑顔は、絶対に幸せの笑顔だよね?
それは、JOYからのメッセージでもあるよな
って思ってねぇ。

リキちゃんはその後どう?
カレの存在は、本当に勇気づけられるわ。
きっと、私だけじゃなくて、シニア犬の飼い主さんの希望だと思うよ~

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時44分

loveletterびつきいちゃん、こんにちは♪

そうだったよね。
びつきいって名前も、わんこちゃんからなんだもんね。

あの記事読んだとき、私もきっとびつきいちゃんと同じ気持ちになるなぁ、って思ってたんだ。

だんだん覚悟していくことは、きっと必要だよね。
その覚悟を前向きに捉えて、より幸せを感じたいと思います。

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時47分

loveletterたかちんさん、こんにちは♪

「西の魔女が死んだ」
早速今日買ってきたよ
教えてくれてありがとうheart02

死を前向きに捉えることができるって
すごく大事だって思ってるんだ。
でも、何でだろう?子供に対しては
どうしても実感というか、心が拒否してるって感じなのよ。
JOYと息子は、どちらも変わらぬ私の大事な子なの。

本を読んで、その辺が少し整理できたらいいな。

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時51分

loveletterくーゆ~ちゃん、こんにちは♪

犬の十戒
忘れてたわ
もう一回、読み返してみよう

わんこは本当に癒しそのものだよね
飼い主の気持ちとか、ちゃんと理解して受け止めてくれるのよね。
空気読むのも上手いしね。

私も、JOYの癒しの存在でありたいよ

JOYはもうすぐ9歳なの。
まだまだ、だよね!

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時53分

loveletterみほみほさん、こんにちは♪

私から見たら、みほみほさんは、本当に色々とまめ子ちゃんのケアをしていると思うわ
でも、やっぱり、後悔ってあるんだ…
きっとない人はいないのね。

そうそう、JOYが心配するんですよね~
既に心配かけちゃったんですよ~
空気読むの上手いから…

あ~、また反省sweat02

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時55分

loveletter月子ママさん、こんにちは♪

ごめんねぇ、暗いログになっちゃって…

先生の言い方は、私も一瞬なんで~って思ったの。
でもよく考えてみたら、遠まわしに言われても結局凹むな、と思って…。

先生も、その辺心得てるのかもしれないですね~

もう元気になりましたよ
ありがとう

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時57分

loveletter親ばかパパさん、こんにちは♪

JOYは息子と全く変わらず、私の大事な子供なんですよ~

親は、子供の死なんて、なかなか受け入れられないってことが、実感としてわかるようになっちゃいました。

ありがとう
元気になりましたよ~

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 18時59分

loveletterアテナママさん、こんにちは♪

そうですよね。
悩んだり後悔したりすることが、愛情の証拠なのかもしれないですね。

特別じゃなくても、いい日を過ごす事。
うん、本当に大事。
JOYは平凡な毎日が大好きなのよね。
当たり前のことが当たり前に過ぎていくことが。
私もその当たり前に、心から感謝しつつ
また明日を迎えようと思います。

カルピスバター
何でぇ~!?私もこんなに探してるのに~
どこで見つけたんですか?
美味しくて、何よりですぅ~heart02

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 19時02分

loveletterusakunさん、はじめまして。
ご訪問、ありがとうございます。

コピーちゃんは6歳ですか。
家は、8歳になってから、急にシニアを意識することが多くなりました。
それまでは、何にも考えてなかったんだけどね~

そうそう、こんなときこそ、親バカパワーが必要ですね(笑)
誰がなんと言おうと、わが子は元気!
うん、でも実際元気だわ♪
ありがとうございます

投稿: appie | 2008年8月 3日 (日) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451387/22703578

この記事へのトラックバック一覧です: 病院にて:

» 長野市の動物病院 [犬deわんこ]
長野県長野市三輪にある本郷どうぶつ病院では、インフォームド・コンセントの実施に務めているようです。インフォームド・コンセントとは、獣医師が一方的に治療を行うのではなく、飼い主に対して、治療方法を詳しく説明をし、飼い主の了承を得た上で行う治療の進め方です。短い時間で、さっと終わらすのではなく、時間をかけてじっくりとペットに適した医療を考えてくれます。治療の進め方だけでなく、治療自体について�... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 22時58分

« 快適主義者 | トップページ | 朝から疲労のワケ »